室町時代から戦国時代にかけて、芸予諸島を中心に活動した海賊(水軍)です。
現在の尾道市の因島、今治市の能島、来島を本拠地とした三家に分かれ、時には結束し、時には互いに戦いながら、瀬戸内のほぼ全域の海を支配していました。

村上海賊ゆかりの地を巡る動画や村上海賊関連の動画です。

日本遺産認定がなされた、“日本最大の海賊” の本拠地:芸予諸島
-よみがえる村上海賊“Murakami KAIZOKU”の記憶-の構成文化財をご紹介します。

 

海賊焼きや海賊むすび・水軍鍋などの海賊グルメをご紹介します。

 

村上海賊に関連するHPのリンクをご紹介します、

 

新着情報

    MENU
    PAGE TOP